婚活パーティーでカップルになる方法とは?

婚活パーティー

婚活パーティーは参加者全員と短時間の間にお話しをして、フリータイムがあった後にカップルになった人の発表があるのが一般的な流れです。

多くの参加者がカップルになることはなかなかありません。限られた人たちがカップルになります。異性との出会いを無駄にしないためにも、カップルになる方法を書いていきたいと思います。

 

プロフィールカードをしっかり書く

カップルになるために大事なことは3つあって、まず1つ目はプロフィールカードをしっかり記入することです。

婚活パーティーの会場に入ると、まずはプロフィールカードを記入するように促されます。何を書いたらいいのか分からず、空欄が多い状態でパーティーが始まると、相手にカードを見せるときに自分がどういう人かを相手に分かってもらうことができません。

相手が自分のことを知ろうとしているにもかかわらず、それを拒否しているようなものです。記入できるものはしっかり記入して、最低一つでも他の人にはないようなものを記入するようにしましょう。

相手から何だろうこれは、と思ってもらえれば、相手の印象に残ります。少しでも印象に残らないと相手に選んでもらうことはできません。

 

会話の内容を絞る

2つ目は、会話の内容を絞ることです。婚活パーティーでは、相手の見た目を含めて恋愛をできる対象か判断することになります。

短い時間のなかで判断することになるため、あれもこれも話しをしていては、アピールにはなりません。男性の場合は仕事をやりがいを持ってやっていることをアピールすればいいでしょうし、女性の場合は仕事よりも趣味や好きなことについて話しをするといいでしょう。

自分の得意なことをアピールして、相手の話しをよく聞くようにするといいです。

 

タイプじゃない人にも優しく笑顔でダブルチャンスを狙う

フリータイムは積極的に

3つ目は、フリータイムのときは自分から積極的に話しをすることです。もし、気に入った人がいても恥ずかしいからと自分から話しかけることがなければ、アピールがありませんのでカップルになるのは難しくなります。

最初の時間でうまくアピールできなくても、ここでアピールすることができれば好意をもってもらえてると相手は思ってくれて、カップルに近づくことになります。

自分の心に秘めることのないよう、分かりやすくアピールをしましょう。

 

ただし、力を入れ過ぎてアピールしすぎては相手は引いてしまいます。一度に多くの異性と出会う機会は日常生活ではなかなかありませんので、その場所を楽しむという気持ちでパーティーに参加すれば、カップルになる確率は上がることでしょう。

コメント