初めての婚活で危ない目にあわない3つのポイント

成功のポイント

初めて婚活、どんなことに気を付けて話しをすればよいのか、危険な人ではないのか、不安は尽きませんよね。

今回は3つのポイントにしぼって安心して婚活を楽しむことができるようにお話をしていきたいと思います。

 

プロフィールをちゃんと見る

一つ目は、相手のプロフィールをしっかりと見ることです。ネット婚活では相手に合うことに時間がかかるため、いかに詳しく文章で相手を知ることができるかが重要となります。真面目に本気で婚活している人ほど、自己紹介を含めたプロフィールを詳しく書いています。論外なのはどこにでもありそうなテンプレートな内容を短く書いているだけの人です。

また、絵文字を使ったり、若者言葉を乱用したりする人にも要注意してください。これは、自分自身にも言えることで、自分のプロフィールはしっかりと細かく記入していください。自分の趣味はもちろん、価値観、相手に求めるもの、自分の長所短所など細かく書くと男性からのメッセージも増えます。

ネット婚活の心得は「自己PRを細かく書く。」です。

 

あう時間は2時間程度

2つ目は実際に合うことになった時の会う時間帯についてです。可能であれば時間帯は昼間の2時間程度が理想です。ネットでは文章だけのやり取りなので、妄想がかなり良い方に膨らむことが多いです。

しかし、実際にあってみたらタイプではなかったり、まったく話しが続かない人もいます。そうなった時に1日のデートをするのはとても辛いですし、相手も同じことを思っているかもしれません。

2時間でしたら、食事かお茶をして、話しが続かなければそこで別れることもできますし、逆にもっと時間をとることもできます。

そして、念のため夜に会うのは避けましょう。どうしても夜ばかりを押してくる人は危険です。こちらの希望を聞いてくれる人のほうが安心でしょう。

 

個人情報を教えない

3つ目は個人情報についてです。初回にあった時にたとえ相手に対し好印象だったとしても個人情報を教えることはしないでください。最寄りの駅や仕事先などを知られてしまうと、変な人に出会ってしまった場合家の近くまで来たり、職場に来たりすることがあります。

個人情報を話すのは最低でも3回ほどあって相手が信頼できる人だな、と確信してからにしましょう。

また、出来れば数回会って相手のことを知りたいと思った時は、相手の名刺や免許証を見せてもらいましょう。真面目な男性なら自分から名刺を見せてくれることも多いです。個人情報の取り扱いには注意をしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?婚活は緊張しますが、色々な人と出会うことができるので勉強にもなります。しかしその一方で見知らぬ人と会うので、危険がゼロとも言えません。自分の身は自分で守って楽しみながら婚活をがんばってくださいね。

コメント