転職エージェントへの登録方法の注意点

転職をしたい。
以前勤めていた会社で働いているときに私は考えました。

理由は長時間労働、残業代未払などとても長く働いていたいと思える職場ではなかったからです。

私は新卒で入った会社だったので、その会社は就職サイトを見てひとりで決めた会社でした。

ただそれが原因の一つで失敗となったので、次こそは失敗したくないと思いエージェントを利用することに。

余り大手を狙ってはいなかったこともあり、マイナビエージェントとエンエージェントを選択しました。
そこで私が感じたエージェントを活用していくうえで、成功へと近づいたと感じるポイントを書いていきます。

 

転職エージェントへの登録方法の注意点1:妥協しない

新卒採用の時に私は内定をもらえたうれしさから就活を辞めてしまいました。本当はもっといい会社からも内定がもらえた可能性があったにもかかわらずです。
内定をもらえると嬉しいですし、安心もしますがそこが本当に最善なのでしょうか。

エージェントさんは求職者ではなく、求人側の会社から成約報酬をもらうことになっています。

そのため少しブラック的な案件であっても求職者に紹介します。それが仕事なのでそこまでは仕方がないのです。

そのためいい案件の中に微妙な案件が混ざっているのです。それをしっかりと見極めて妥協のない就活を行うべきだと考えています。

 

転職エージェントへの登録方法の注意点2:案件をきちんと確認すること。

エージェントさんに案件を紹介してもらう場合、メールなどに記載のデータ、HP形式でのデータ、書面でのデータといった形で会社の紹介を受けることになりますが、条件部分を口頭で確認することが大事です。

担当エージェントさんがその案件を取ってきているわけではないので、記載内容と本当に現在があっているのかを確認することが大切です。

前はそうだったや体裁よくするための記述などが紛れ込んでいる可能性っは大いにあり得ます。

そういった内容を排除するために紙で見て少しいいなと思った会社は特に今がどうなのか、記載内容に嘘偽りはないのかエージェントさんに確認することでミスマッチを減らせるでしょう。

 

転職エージェントへの登録方法の注意点3:最初に自己分析を行っておく。

自分がどんな会社が良くてどんなことがしたくてどんな場所で働きたいかなどきちんと自分で決めておく必要があります。

きちんと自己分析を行っていないと思い付きになり、行っていることが前回と違うということになりかねません。

転職活動をするうえで、エージェントさんでもそれ以外でも自分が転職をする上での指針は決まっているに越したことはありません。

まず自己分析をして自分の転職における揺るがない考え方を持っておくことでミスマッチをより減らすことができます。

最後にいろいろお話ししましたが、エージェントさんを利用することは非常におすすめです。

自分の希望条件を伝えておくことによって、それに見合った会社を紹介してくれます。

辞める前に転職を決めることも容易であることから給料が途切れることなく職場を変えることができます。

上記に注意して、エージェントを利用しより良い職場に出会えるきっかけになれば幸いです。

 

 

転職エージェント活用の3つのポイント

投稿日:

Copyright© 転職エージェントの活用が転職成功のカギになる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.