リファラル採用で成功するためこ3つのポイント〜転職エージェントを使う前に

最近大手も取り入れている採用形式で特にエンジニアに多い採用形式だと思いますが、リファラル採用というものがあります。

これはすでに社員になっている人が知人、友人等を会社に紹介して採用していこうという採用形式です。

転職エージェントを活用する前にリファラル採用も検討

ポイントの一つ目は、転職エージェントに登録する前にリファラル採用による転職を検討する。

これはリファラル採用は紹介して採用さた場合、紹介者へのインセンティブが発生することが多いのですが、もし転職希望者がエージェントに登録して紹介者の企業の「説明会」の参加などしてしまったあとに採用されると実際は紹介で入ったとしてもエージェントにお金を支払わなければならなくなり紹介者へのインセンティブが払われなくなる可能性があるためです。
強力な内部協力者のモチベーションを下げるべきではありません。

 

知人からの紹介転職は強い

ポイントの二つ目は本業や副業で関係したことがある人やプライベートで繋がりのある同業者の友人、知人などに声をかけることです。
これは貴方の人となりだけでなく業務の実力や何ができるかを知っている人の方が紹介者が会社に強く押すことができるからです。

 

転職先の本音を知ることができる

ポイントの三つ目はリファラル採用制度がある知人がいたら「会社のことを聞きたい」と声をかけ、自分の仕事スタイルや中で働く人たちとやっていけそうか見極める。
ポイントの一つ目でエージェントに登録して「説明会」の参加してはいけないと説明しましたが、これでは転職者が会社を知る機会が奪われてしまいます。

その問題を解決する手段が「紹介者本人に聞く」と言うことです。

会社によってはリファラル採用にかかった費用を経費として落としてくれる事があります。(説明するときに呑みに行った費用とか)

エージェントに払う金額を考えたら圧倒的に安いですし、紹介者も転職希望者が採用されればインセンティブが貰えるので説明を手間だとは考えません。

なのでタダでご飯を食べられるかもしれなくて、会社の内部にいる人から話が聞けて、協力者も獲得できるという転職者にとって夢のような話なのです。

ポイントの一つ目は、エージェントに登録する前にリファラル採用による転職を検討する。

ポイントの二つ目は本業や副業で関係したことがある人やプライベートで繋がりのある同業者の友人、知人などに声をかける。

ポイントの三つ目はリファラル採用制度がある知人がいたら「会社のことを聞きたい」と声をかけ、自分の仕事スタイルや中で働く人たちとやっていけそうか見極める。

 

転職エージェント活用の3つのポイント

投稿日:

Copyright© 転職エージェントの活用が転職成功のカギになる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.